集客の多い手作り市へ行こう!

焼き菓子などの生ものが販売できる手作り市

手作り市を存分に楽しみましょう全国の様々な自治体やイベント企画会社などによって開催されるフリーマーケットや
手作り市と呼ばれるものは、プロのアーティストやクラフト作家から、趣味で様々なアイテムを
手作りしている人まで、幅広い人が参加することができるのが魅力です。

客としてこうしたイベントに行くのはもちろん、腕に自信がある人であれば、
これまで趣味で作っていた作品をお金に替えることができるチャンスになります。

こうした手作り市では、雑貨やクラフト作品、またはアート作品などのほか、
手作りの焼き菓子など、食品を取り扱っているものも多数あります。

しかし、食品を販売するとなると、衛生面への配慮が必須となり、ほとんどの場合
菓子製造の営業許可が必要になってきます。

許可が必要

そのため、全くの素人がこうしたイベントで食品を販売するのはそれなりの準備が必要になります。
また、イベントによっては許可が不要な物もありますが、昨今の風潮から、そうしたイベントはどんどん減少していっているのが現状です。

手作り市で利益を出すための5カ条

手作り市では、販売するにあたり利益を出さなければなりません。赤字にならないようにその商品の材料費は
いくらなのかを先に計算して理解しておくことは価格を設定するに当たり重要なことです。利益を出す

とくに、もしもお客さんからもう少し安くならないかと言われた時に、赤字にならないような価格をいうためには必要になります。

また、利益を出したいと考えているのであれば値引き交渉には応じないというスタンスで行く手段もあります。
とはいえ、接客業なのでそうもいかないこともあります。手作り市で利益を多く出すためには、
商品を気に入ってもらうことの他に商品価値よりも安いと思わせるような価格設定をして買ってもらうことが大切です。

それは材料の仕入れからでもできることであり、なるべくまとめ買いをして安く済ませたり、
まだデザインの構想がないけれども買物に行ったら安い材料があったという場合には
材料からデザインをしていくという方法もあります。

また、前に作ったものの端など余ったものをうまく利用するのも賢明な方法です。